お店でいずれもの契約カードが決済できるのではありません。

□カードの加入店舗は多くは、多くのクレカサービスとライセンスを結んでいるんですが、ちょっと不便ですが一切の契約店舗であらゆる運営会社の使用可能なわけではありません。

一例をあげれば昔ながらのお店の際だとJCBロゴの書いたクレカしか使用不可なときもありますし、新しい契約店の場合だとVISAやマスター印のもののみしか切れない場面もあります。

ダイナースといったクレカ会社の場合は、いっそう決済不可な状況が増えるはずです。

何のブランドの所有クレジットカードが決済できるかをどのように見たらいいものか?「それならどのようにして何の所有クレジットカードが使えるか判断したらいいか?」というときちんとしたことを知るには該当店舗の方にお見せしてみる以外ないていうのが実のところその回答です。

とはいっても大部分のお店やレストランには店舗前のエントランスのところなどに使用できるクレカの印が書かれた認証ステッカーが掲載されていることから、「ふーんあのお店ではMasterCardが決済できるんですね」といった感じで分かりやすいようになっているので確認しておいていただけるとよいと思います。

しかしながら、しっかり管理が出来ていないショップで用いる際にはステッカーが貼られている店舗でも「今はそのクレカは使えません」といったような回答をもらってしまう場合もありメンツをつぶされてしまうこともなくもないです。

できる限りはより多くの加入店でクレジットカードが使用できるようにするためにも、もう一つのブランド(国際マーク)がプリントされた一般的なビザカードアメックス、というようなクレカを複数申し込んでおくようにしたほうがよいと思います(例:ニコスカードを携帯しているならもう一枚はアメリカンエキスプレスカード付帯のクレカを持つ等)。

国内ではVISAカード、マスターカード、JCBの3つのブランドが入ったクレカをその都度使っていれば、だいたい日本全土の加入店舗で3枚のうちどれかのカードを差し出す機会があります。

カードを使いこなしてカードライフを目指すためにはきっちりと少なくともこの3枚のクレカを作っておいていただくことをお勧めします。