自動車に乗る方ならばご存知だとは思いますが自動車税というものが課税されます。結婚前の素行調査

それで自動車税は、手放す自動車の買い取りの際に一般に還付されるものなのです。

これというのは少し実行したら簡単に覚えられますが、それでは頭から順番に分かりやすく紹介していきます。

当たり前ですが注意書きすれば、国産で生産されている自動車だけに限らずドイツ車等も税が戻ってくることになっています。

当然ですが自動車もそうです。

自動車税はクルマのオーナーが支払わなければならない税金ですがこれは車の排気量の大きさにより定められています。

1リッター以下のであれば29500円で、1リッターより上で1.5リッターまでだと34500円になります。

これ以上は500ccごとに5000円増加していきます。

またこれは4月1日時点の所有者が年度内の金額を納める義務があります。

要は事前納付ということですから、当然クルマを手放して所有権を失った時は先に払った分の金額は返還されるのです。

この税というのは事前納付で今年度の金額を納付しますから年度内にクルマを売った場合には新しい所有者がこの税を支払わなければいけないということです。

買取先が買取専門店であれば、売却時に所有者が払いすぎた金額を返還してくれます。

要は所有権が移転された瞬間より後の税額は、新しいオーナーが支払い義務を負います。

例えばあなたが10月中に愛車を売却したケースでは11月から来年3月いっぱいまでの自動車税は還付されます。

それは、繰り返しになりますが自動車税の場合は一年分を前払いしているという決まりからも明らかです。

ということは、前所有者は買取先に自動車税を返してもらうということです。

個人で自動車を手放す場合には、結構このような大切な知識を忘れている人がよくいるので、確かめるようにすることです。

自動車税が自動車の売却で還ってくることをあまり知っている人がいないからと言ってその状況を隠す悪徳業者もいます。

自分から自動車税の返金について話を切り出さなければ完全に自動車税のことに説明しないという場合も結構聞かれます。

そのためクルマの売却をするさいには税金が返還されるのかどうかを聞くことをおろそかにしないようにしなければなりません。