経験の浅い方向けの外為取引の書籍では、「損をした状況ではナンピン買いを入れることによってポジションの平均を価格をコントロールする事が出来る」と助言されていると思いますが、実際にはそれは危険性が待ち受けています。ゼロファクター 口コミ

まず最初に、ナンピンの手法について分かりやすく述べておきます。中学受験ドクター

仮定として100円で1ドルを買ったとします。ヒゲ脱毛

$買いのため、円安ドル高に向うほど儲けが大きくなりますが反対に95円まで円高ドル安方向に向ったとします。レーシック保険

その場合所有し続けたら、損失が回復するまでには円高になった分円安ドル高が進まなければならない。レーシック

誰もがみんな、マイナスは早めに0にしたいと願います。NULLリムーバークリーム

このため最初にエントリーしたのと同じ額の$を、売買します。ネイルサプライ

そうすると、ポジション全体の平均の価格は97円50銭まで抑える事が出来ます。KM新宿クリニック

言い換えると、2円50銭の幅で円安ドル高に進めば赤字を回復する事ができます。ライザップ 名駅南店

それが、ナンピン買いの理屈です。クレジットカード現金化

このとおり、ナンピン買いの原理を理解すると「確かに」という気分になるが、マーケットは簡単には思うようにはいきません。

95円が下値だということなど、誰にも予想できません。

マーケットが強い円高動向だとすれば1ドル=95円では下げ止まることなく、一段の円高ドル安が加速するリスクは高くなります。

97円50銭でナンピンをした時に、95円まで円高になっとしたならばナンピン買いした分にも、為替差損が生まれてしまいます。

その状態では、一番初めに持ったポジションと全部で、倍の損失が生まれます。

この例のように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

ならば、市場があなたのストーリー展開とは逆にすぐに進んだ場合、どういった術でリスクを管理すればいいのでしょうか。

選択できる手段は限られています。

まずひとつめは観念して損失を確定する事です。

別の方法としては、その時点で、自分自身が所有しているポジションを少なくする事によって再びマーケットが戻るのを黙って待機する事だけです。

少し主体性のない手法だと感じる投資家もいます。

しかしながら、所有しているポジションにマイナスが生まれた場合最も適切なやり方はこの2つ以外にはありえません。

勿論、ロジックのうえではナンピンを入れるという考え方も有効です。

しかしながらナンピンはあなた自身が損失を披っている場面でポジションを減らすどころか遂に買いポジションを積み重ねていく方法である。

この対策では、危機を削減することなど、とても可能ではないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばやがては勝てるかもしれません。

だがしかし、そうなる先に資金はショートしてしまうだろう。